高断熱·高気密リノベーション

RENOVATION

京都は、夏は蒸し暑く、
冬は底冷え「京の底冷え」と言われます。
気候的に「日本一住みにくい都市」らしい···

こんなことはありませんか?

  • 家全体が寒い(足元が冷える)

  • 暖冷房の効きが
    悪いような気がする

  • お風呂場が寒い(風呂もすぐ冷めてしまう)

  • 結露がひどい

それらを解消し、快適な室内空間をつくるのを目的とするのが高断熱·高気密リノベーションです。

居心地が悪いのは、家の断熱性能が十分ではない可能性があります。ヒートショックなどが原因での年間死亡者数の数は交通事故での死亡者数よりも多いというデータ報告があります。断熱を強化すること暖房室、非暖房室での温度差が少なくなりヒートショックなどの予防にもつながります。高断熱·高気密リノベーションすることで、家中が快適な環境になるとともに、健康的な生活を送ることができます。
※光熱費の低減にもなります。

家全体を断熱強化する必要はありません。

新築工事と違い、既存住宅での断熱強化は必要としている部屋を限定することにより快適な室内環境を作り出すことが可能となります。既存住宅の断熱強化工事は新築工事に比べコストが増します。家を全体的に断熱強化することがもちろん理想ですが、現実的ではありません。住まい手のニーズに合わせ、適切な断熱強化を計画することが断熱強化リノベーションでは必要となってきます。

高断熱・高気密とは?

高断熱高気密住宅とは、壁·床·天井·窓などに断熱材を使用し高い断熱性·気密性を実現した住まいのことです。

断熱
断熱材を壁·床下·天井などに充填、または外側から覆って家の中と外の環境を分け、
熱が伝わるのを少なくすること。
機密
漏気を減らして省エネと快適性の向上し、計画換気の性能保持することで、
様々なメリットができます。
(ランニングコスト低減、空気の鮮度維持、外気汚染物質の侵入防止、健康増進)

一度壁や床をはがして断熱材を施工します。解体に伴う廃材が発生し、工事も大がかりになりがちで、仮住まいや引っ越しが必要な場合もあります。
※全体断熱だけではなく、局所断熱(ゾーン断熱)の対応も可能です。

高断熱・高気密リノベーションは
予約制です。

お問い合わせ、または電話で
予約をお願いします。

京都府綴喜郡宇治田原町緑苑坂21-7

0774-26-5818