木へのこだわり

YOSHINO CYPRESS

01POINT

きーてらすが扱う「ひのき」について

吉野ひのき·龍神材(龍神ひのき)

弊社では、今までは「吉野ひのき」を扱っていました。吉野ひのきだけではなく、今年度より、和歌山の「龍神材」を扱い出しました。龍神材を扱いだしたのは何故か?近畿内では、吉野ひのきが一番良い!と思って扱っていましたが、欠点も持っていました。赤身(心材)部分に隠れ節·死節·腐れ節が多いのです。吉野の環境では、雨や霧の影響が大きく、枝打ち等で枝を失った部分が腐れるため、構造的にも、見た目的にも悪い木材が多いです。
龍神村は、高野山と熊野の中間にあります。三大美人湯で有名の場所ですが、近年知名度が増えてきています。高度は吉野と同様の場所で、温度等の環境は近いのですが、違う部分は、雨や霧が少ない。その為、赤身の品質が高いと判断したので、ウッドデッキ等、赤身の高い品質が必要な部材は、龍神材に変え販売していきます。

02POINT

木材と健康

1健康に影響する湿度

湿度が高すぎる、低すぎると、生活に影響がします。高すぎると、ダニやカビの大量発生し、アトピー性皮膚炎等のアレルギー性疾患の原因になります。低いと、鼻や咽頭粘膜の炎症を引き起こしやすくなります。
木材は自動的に、湿度の調節器として動きますので、上記の病気を低減することができます。

2乳がん減少

ガンによる死亡率(死亡総数に対する乳がん死亡率)は、木造率(住宅総数に対する木造住宅の割合)が増加すると減少することを示されています。(木材なんでも小事典 講談社)

3緊張を和らげる

ひのきを使った壁では、抑鬱、疲労、緊張の感情を減少し、活気の感情を増します。白壁では、抑鬱、怒りが増し、活気が減少します。木材には、紫外線を吸収し、赤外線を反射します。
また、木材の表面では、小さな凸凹があるので、光が散乱するため、ゆっくりした環境ができます。

その他

木材を使用した空間では、ストレスの緩和の効果があると言われます。(木材学会誌 Vol.55,No.2,p.101-107(2009))

03POINT

“ひのき”をおすすめする理由

ひのきには使用される角材の中でも様々な利点があります

  1. 1. スギやベイマツ等よりも強度高い

    ※奈良県森林技術センター 川上村産ヒノキ製材品の曲げ強度試験·川上村産スギ製材品の曲げ強度試験より

  2. 2. 耐朽性が国内産の木材の中で一番高い

    ※公益社団法人日本木材保存協会 木材保存入門より

  3. 3. 耐蟻性が高い!

    ※奈良県森林技術センターより

  4. 4. ヒノキには消臭作用·ホルムアルデヒド吸着

    ※鹿児島県工業技術センター 木材の化学物質吸着·脱着特性より

  5. 5. ダニ抑制する効果!

    ※森林総合研究所 研究の森から No.108より

04POINT

“ひのき”を使うメリット

1構造強度

ヒノキは対重量強度が高い木材の中でも強く、
弊社で提供するヒノキは芯持材(赤身)です。

心材が強いというのは、強度が強いのではなく、細胞が死ぬことで心材化(化学成分)し防腐·防菌剤として動きます。建築に優れた木材と思っております。

 気乾密度ヤング係数曲げ強さ曲げ性能性比強度
 g/cm3tf/cm2Kgf/cm2×10tf·cm/gkgf·cm/g
ヒノキ正角材0.491156275.472341280
スギ正角材0.461014894.562191063

※奈良県森林技術センター 川上村産ヒノキ製材品の曲げ強度試験

2耐久性·耐朽性·耐蟻性

コンクリート等の人工素材に比べられて、耐久性が低いと思われますが、1千年以上(法隆寺が有名)使われているように、ヒノキは非常に強い素材です。きちんとメンテナンスすれば、耐朽性·耐蟻性を高めることができます。

表2.4 木材心材部の耐朽性区分 41)

耐朽性区分国産材北米材、ロシア材、北欧材南洋産材
極大(野外試験で
9年以上の耐朽性)
  アゾべ、コキクサイ、セランガ、ガンバツ、ウリン、エボニー、ジャラ、ラバチョ、イベ、メルバウ、バンキライ、コムニャン、インツィア
大(野外試験で
7~8.5年)
ヒノキ、ヒバ、コウヤマキ、クリ、ケヤキ、ニセアカシア、ヤマグワ、ホオノキベイヒ、ベイヒバ、ベイスギ、センベルセコイア、サイプレスパイン、ブラックウォールナットマホガニー、チーク、セプターバヤ、ホワイトメランチ、ケラット、レンガスナリグ、セドレラ、レサック、パドアー、センカドー、チュテールバンコイ
中(野外試験で
6~6.5年)
スギ、カラマツ、クサマキ、シラベ、イチイ、カヤ、トガサワラ、カツラ、スダジイ、クヌギ、ミズナラ、アラカシシラカシ、タブノキベイマツ、カラマツ、ホワイトオーク、ベカン、バターナットクルイン、アルトカルプス、ケンパス、カブール、ライトレッドメランチ、プジュック、イエローメランチ、メルサワカナリウム、チュテールサール、バカウ、スロールクラハム、カロフィルム、メンガリス、ボルネオオーク、マラス

表2.7 耐蟻性の分類 74)

耐蟻性樹種(特に指定しない場合は心材)
ヒバ、コウヤマキ、イヌマキ、スダジイ、ビャクシン、イスノキ、タブノキ、カヤ、ベニヒ、タイワンスギ、ペリコプシス、クルイン、ボンゴシ、マンソニア、ブビンガ、ドウシエ、イロコ、コチべ、マコレ、タウン、ターミナリア、モンキーポット、タウキャン、ニオべ、コクロジュア、ローズウッド、シャシャンポ、ヨン、シタン、メラワン、チーク、マラス、インツイア、ランラン
ヒノキ、スギ、ツガ、カラマツ、ベイヒ、クスノキ、イタヤカエデ、カツラ、ケヤキ、ブナ、トチノキ、イチイガシ、アカガシ、フラミレ、レッドメランチ、イエローメランチ、ナトー、カメレレ、クイラ、シポ、ジャラ、ラミン、ブラックウオールナット、シルバービーチ、ブラックビーン
熱帯産材を除くすべての辺材、モミ、シラベ、アカエゾ、エゾマツ、トドマツ、アカマツ、クロマツ、クリ、セン、アサダ、イヌツゲ、ミズキ、カキ、ミズナラ、トネリコ、ハルニレ、ドロノキ、ヤマナラシ、ヤマハンノキ、ベイスギ、ラジアータパイン、ベイツガ、ベイマツ、シベリアカラマツ、オーク、アフリカンマホガニー、バルサ、ロボア、ホワイトラワン、アスペン、リンバ、ケンクラン、タリエチア、オベチュ、サペリ、チアマ、アジュナ、エリマ、マンガシノロ、ダオ、セブラ、ヒッコリー、オウシュウアカマツ、オウシュトウヒ、カメレレ、ラミン

※公益社団法人日本木材保存協会 木材保存入門より